冠婚葬祭でも自分らしいライフスタイルを「樹木葬」

樹木葬は冠婚葬祭のうち、海へ散骨するような自然葬の1つで、比較的新しいやり方です。

認定された土地に遺骨を葬るのは従来の墓地と同じですが、骨壷には入れずにそのまま埋葬します。

土に返る骨壷なら、入れたままという場合もあります。そして墓石の変わりに樹木を植えたり、中心的なシンボルツリーの周りに他の人と一緒に合葬したりします。



どのようなスタイルかは墓地によりますが、おおむね、より自然に近い環境の「里山型」と、整備された「公園型」に分けられます。

もともとは樹木葬は、冠婚葬祭の埋葬によっての里山への植林という意味が強かったのですが、里山型はそのため場所的に、遺族が墓参をするのが大変なことも多いのです。

そこでアクセスが容易な都市向けの公園型も増えています。



樹木葬では宗派は関係なく、管理者側が永代供養をしてくれます。

墓石ではなく樹木を墓標とするため、コストも抑えられます。
友人やペットとともに眠るというかたちを取ることもでき、遺骨は土に返るため、死んだ後の環境を自分の望む状態に選べて、なおかつ自然に優しいというメリットがあります。


少子化などでお墓の継承の目途がたたなくなったり、何らかの理由で先祖代々の墓には入りたくなかったりする人などが、関心を持っています。

コトバンクについて知りたいならこちらのサイトは便利です。

散骨と違い、お墓参りできる場所がはっきりしているので、家族の同意も得やすくなっています。
冠婚葬祭も時代の流れによって、今までのやり方に縛られず自由なかたちへと選択肢の幅を広げています。
葬式も例外ではありません。