冠婚葬祭に新しい波が!ニーズ高まる海洋葬

海洋葬というのは、自分が死んだ後にその骨を海に流してもらうサービスのことです。

死んだ後に広い世界に自分の存在を撒いてもらって、地球と一体化したような気分になれるのではないかと、いま巷で注目を集めているものです。



日本は海洋国家なので、海洋葬は理にかなっていると言えます。

大昔の人たちは普通に行っていたことで、もともと日本人の遺伝子の中にはこうした葬儀のスタイルも刻み込まれている可能性が高いです。ですから人気で、しかも非常に簡単に行ってもらえるので、生前から申込みをしておく人が増加中です。

コトバンクの口コミ情報を掲載しています。

費用面での負担も、単純に骨を散布するだけですから軽いはずです。

立派な船で沖へ出て、そこで式を執り行うなら少し高くなる可能性はあります。
冠婚葬祭は今まで長い間、それほど大きな変化は見せてきませんでした。

しかし最近になって、このようなまったく新しい種類のサービスがいろいろと考案されています。



冠婚葬祭の世界にも、新しい波が押し寄せてきているのは間違いありません。


海洋葬は海に骨を巻きますが、好きな場所に骨を撒いてもらうこともできます。
自分の家の庭に撒いて、その上に花の種を植えるというのもロマンチックでいいでしょう。

骨をペンダントにして遺族に送ったりと、生前にいろいろと考える人が増えています。

エンディングをどう迎えるのかは人それぞれですから、かなり細かいニーズが冠婚葬祭の世界にもあるのです。そのニーズを汲み取って商売をしている業者は、探せば必ず見つかります。