• 自然に優しい害獣忌避剤、ウルフピー

    ウルフピーは危険を感じた場所には近づかない、野生動物の本能を利用した害獣忌避剤です。
    野生動物は自らのテリトリーを主張するために、体の臭いや尿を吹き付けます。
    ウルフピーの原材料はハイイロオオカミの尿100%、オオカミを天敵と見なす動物はオオカミの尿の臭いがする場所には近寄らなくなるのです。



    野生動物による作物への被害は深刻、しかし鳥獣保護法で保護されている動物はむやみに駆除することはできないのです。

    ウルフピーは、野生動物を傷つけることなく遠ざける忌避剤です。


    畑の作物を食い荒らすイノシシやシカ、クマやサルの大型動物。



    ハクビシンやイタチ、アライグマなどの小型の動物にも効果が期待できます。

    ウルフピーの使い方はとても簡単、小分け容器に入れて吊すだけです。


    害獣の侵入を防ぎたい場所に囲むように、または進入路をふさぐように吊します。
    容器は軽いので、畑を保護するネットや周囲の柵にも吊せます。
    木の枝にも吊せるし、どうしても吊す場所が無ければ園芸用の支柱を立てれば代用できるのです。



    ウルフピーを吊す高さは30〜60?、間隔は基本的には3〜6m。

    小型の害獣対策の場合や、特に侵入を防ぎたい部分は間隔を狭くして吊るします。
    メンテナンスは蒸発したり薄くなったら液をつぎ足すだけ、年配の方や女性でも簡単に管理することができます。


    大がかりな柵などの設置も必要なく、電気も必要ないコストパフォーマンスにも優れた害獣忌避剤です。