• コスパに優れ、動物を傷つけない害獣忌避剤ウルフピー

    野生動物による農作物への被害は深刻、大型の動物の侵入を防ぐには防獣ネットや電気柵などの大がかりな対策が必要になり、メンテナンスにも手間がかかります。


    ウルフピーは新たな柵や電気配線などを設置する必要がない、コストパフォーマンスに優れた害獣忌避剤です。



    危険な場所を避ける、動物の本能を利用するのです。



    野生動物は自らのテリトリーを示すために、尿などで自分の臭いをつけます。


    ウルフピーの原材料はハイイロオオカミの尿100%、オオカミを天敵として恐れる動物はオオカミの尿の臭いがする場所には近づかないのです。
    ウルフピーは畑を荒らす大型動物、クマやシカ、サル。


    そしてハクビシン、アライグマやイタチなど小型の動物にも効果が期待できるのです。

    ウルフピー使用方法はとても簡単、小分け容器に入れて動物の侵入を防ぎたい場所に吊り下げるだけです。



    畑の周囲を囲むように、または動物の進入路をふさぐように吊します。

    高さは30〜60?、間隔は3〜6m、軽いので畑を囲むネットに下げることもできるし、木の枝にも下げられます。


    吊り下げられる場所がなくても園芸用の支柱でも代用できるので、柵などを設置する必要もないのです。メンテナンスも容器の中の液が蒸発したり薄くなったらつぎ足すだけ、通常であれば効果は1ヶ月持続します。女性や年配の方でも、簡単に取り扱うことができるのです。


    ウルフピーは動物を傷つけることを追い払う、自然と環境にも優しい害獣忌避剤です。