冠婚葬祭の豆知識自然葬について

冠婚葬祭とは、人が生まれてから亡くなるまでに行われる家族的な催し物全般を指します。
中でも重要な冠婚葬祭行事として、「葬」つまり葬式が挙げられます。
人の死は突然に訪れることも多く、いざその場面に直面したときに、どうすればよいか悩むこともあるかもしれません。

ここでは、最近注目され始めている葬送のひとつである、自然葬を紹介します。


自然葬とは、遺体や遺灰を海や山に還すことで、自然に循環の中に帰っていく葬送の方法です。

火葬後の焼骨の粉末を海などに撒く散骨も、自然葬の一つといえます。この方法がが注目され始めている理由として、死後は自然に帰りたいと考える人が増えてきていることもありますが、ほかの方法と比べたときにいくつか利点があります。

All About情報のことならお任せください。

現在の葬送の手法としては、墓地に埋葬したり、納骨堂に納めるのが最も一般的です。



しかし、これらの方法の場合、お墓や納骨堂の維持管理のために遺されたご家族に負担をかけてしまうかもしれません。

また、仏教式の葬儀の場合は戒名が与えられる場合がありますが、この戒名にも料金がかかり、かなりの高額になることもしばしばです。

自然葬の場合、お墓が残らない、戒名が得られないということになりますが、それにかかる諸費用を抑えることができます。冠婚葬祭とはただでさえ費用がかかるものであるため、葬式の経費を抑えたいと考えておられる方にはよい方法かもしれません。



葬式は人生の最後を飾る重要な儀式ですので、葬送の方法について考えておくことは非常に重要なことだと思います。
自然葬という選択肢について考えてみてはいかがでしょうか?。