散骨は冠婚葬祭業者を頼らなくても良い

散骨とは個人の遺骨を個人の思いでの地であったり、希望の場所で散布する事です。

冠婚葬祭業者の中でもそれ自体をを売りにしている業者、または専門に取り扱っている業者があります。

冠婚葬祭業のプロだけあって一連の流れも故人とのお別れを見事に演出してくれます。

散骨には陸地で行うものと海で行うものがあります。

冠婚葬祭業者は主に海での散布を自社のクルーザーなどで行います。



家族を載せて目的のポイントに着くまでに個人へのメッセージを書いてもらったり、目的のポイントに着けば散布のセレモニーを行います。料金はそれほど高くはなく参加者の人数によって決めるところもありますが、20万円前後が相場になります。

また海外でのプランも用意されていてバリエーションは豊富にあります。
故人が自分の為だけではなく残された家族のためにそのような葬儀をお願いする場合もあるようです。

産経ニュースの情報を今すぐ確認できます。

業者に頼まずに家族で行う場合はかなりハードルが高くなります。


海に出かけるにも船をチャーターしなければなりません。チャーターする船の費用は業者に頼むより安く上がるかもしれませんが船のオーナーがそのような行為を認めてくれるかがネックになります。



また散骨をする前に粉骨と言う作業があります。
素人がするよりもやはり業者にしてもらった方が良いでしょう。


プランの中身は通常の葬儀から散骨までを取り仕切ってもらえるものと、散骨のみのものがあります。
故人の遺志と予算に応じて考えると良いでしょう。